アメリカンピンボール

trocco ®︎

時間がかかる「データ分析基盤の整備・運用」を、日本発の「マネージドETL&ワークフローサービス」に お任せ

trocco®とは

国内最大級の導入実績を有する 日本発の「マネージドETL&ワークフローサービス」です。

データ分析をとりまく環境

データ分析に関して、こんなお悩み・課題を抱えていませんか?

ビッグデータの分析ニーズは爆発的に伸びているのに、本来必要な『分析』が満足にできていない…。

分析基盤の必要性

分析環境を整備して泥臭い作業をなくしたら、「攻めのデータ分析」が可能に。

データを集めるだけで一苦労だった状況から、データ分析や事業課題検討などに時間を活用可能に。各種システムや広告別レポートデータの収集・加工・整備などの作業から解放されます。データを分析する時間が増え、事業拡大に繋げられます。
経営層や他部署からの、頻繁で重複的なデータ抽出依頼に対して作業をする必要はありません。組織の各メンバーが自身で、必要なタイミングで必要なデータにアクセス可能になります。
各部署や個人の勘・経験による経営判断から脱却し、組織全体が同じデータを参照し、正しい数値に基づいた判断を。売上・コスト・データ定義・KPIなどを共有することで、組織全体として事業再現性が高い環境が生まれます。

trocco®を活用するメリット

データ分析基盤の開発工数を90%以上カット

  • 初期開発なし、運用作業も月間5時間以内に抑えられます
  • シンプルUI+データエンジニアによる手厚いサポートが付き、学習コストはかかりません

専門知識が不要で、データエンジニアなしでも最短5分で始められます

  • 環境構築・プログラミングは一切不要で、運用・保守業務まで trocco®が代わりに行います
  • 作業や設定で詰まった場合も、サポートによる作業代行により最短5分で作業が完了します

初期費用は0円、使った分だけ従量課金

  • 初期費用は一切なく、月額基本料金+従量課金(データ転送量無料枠超過分+追加データソース+オプション)でご利用可能です
  • 月額基本料金は、Light、Standard、Enterpriseの3つのプランからお客様のユースケースに合わせてお選びいただけます

ETL & ELT

プロのデータエンジニア水準の転送パイプラインを最短5分で本番デプロイ

対応サービス

100以上のDB・ストレージ・SaaSと連携可能

対応する連携先は100を超え、毎年30以上が追加・アップデートされます。

洗練されたUI

洗練されたUIで、最短5分でETLパイプラインの本番デプロイが可能

データエンジニアの意見を多数取り入れ、設定・運用がしやすいUIを追求しています。

Embulkの高速転送

ETLの処理エンジンには、パワフルな「Embulk」を採用

trocco®ではETL処理エンジンに、OSSである「Embulk」を採用しています。

ELT(データマート生成)

SQLエディタで変換処理を書くだけで、DWH上のログをビジネス活用しやすい状態に整備できます。

ワークフロー

複雑なテータ転送パイプラインもGUIで定義して、運用まで考慮したジョブ管理を設定できます。

WEB行動ログ収集SDK

専用Webサイトのページ閲覧やメール開封ログなどのデータを自動収集しDWHへ転送

Javascriptタグを設置いただくことにより、生ログデータの収集が可能となります。

ZEALができること

データ活用基盤で以下のような課題をお持ちのお客様に対して、trocco®︎を使ったETL/ELT処理の開発・運用負荷を削減し、データ分析にフォーカスできる分析基盤の構築を支援します。ジールはBI、ETLといったデータウェアハウス周辺環境の構築にも十分な知見を持っている事で、データ活用提案、PoC支援、導入、運用、移行など分析プラットフォームを最大限に生かした支援サービスをご提供致します。

  • データ整備・前処理に時間と手間がかかり本来行いたいデータ分析に十分時間が割けていない
  • Webアクセスログデータを活用したマーケティング分析を実施して施策のPDCAを回したい
  • 機械学習の前処理にかかっている工数とコストを削減したい
  • ETL・ELTなどデータ統合処理開発の属人化と運用負荷が課題、マネージドサービスに移行したい
  • クラウドサービスやマーケティングデータなど変化する分析用データソースのニーズに柔軟に対応したい

お客様が実現したいことに寄り添ったご提案をいたします。
少しでも気になることがございましたら、まずはジールまでご相談ください

Webでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム